世界体操2010
本学日体大の学生3人が出場していたため、連日朝まで興味深く観ていました。
内村航平と山室光史は、2年次に私の講義を受講していたこともあり、
緊張感をもって応援していました。
おかげで毎日寝不足気味。

内村は、肩の痛みを感じさせない無難な演技で、よく頑張ったと思う。
個人総合2連覇の金メダル、男子団体銀メダル、種目別でも銀と銅はお見事。
日本至上初の快挙である。
本人曰く70%のできだったそうだ。
かつては控えめな印象をもっていましたが、4年生になって王者としての風格が
でて来たような気がしています。

先日、学食の売店で内村君の好物であるブラックサンダーという1個30円のチョコを
まとめ買いし食べてみたが、結構美味しかった。
今回もオランダに持ち込んだことと思いますが、これがパワーの源とは到底考えられない。
嫌いな野菜を含め、少しは食にも気を遣ってほしい。
といっても聞かないでしょうが。

山室のつり輪は3位と0.166差の4位。着地の一歩後退がなければ...残念。

大学院生の田中理恵選手は、遅咲きのヒロインと称されながらもロンジン・エレガント賞
を受賞。すべての演技で特に着地の後の笑顔が素敵でした。

どんな状況であれ、スマイルはいいものです。
有終の美を飾った彼らに、お疲れの一言を贈りたい。
posted by: cdrive | B's 日記 | 22:30 | - | - | - | - |